子供の頃は特に気にならなかったのですが、あるときに足の親指を見たところ爪の切り方が悪かったらしく、爪の先端が指に食い込んで出血していました。

当初は軽く考えていて自分で爪切りを使って何とかしようと思っていたのですが、日を経過するごとに徐々に症状が悪化していって、最後には歩くのが辛いのはもちろんのこと、傷口から膿が出るようになってしまい、さすがにこれではまずいと思って近所の病院に行きました。

早速診察を受けたところ、このまま放っておくと巻き爪の症状が更に悪化するので、手術をして爪の形を整えましょうという事になり、その日のうちに手術をしてもらいました。もちろん麻酔が切れた後は痛みがひどくて何も手に付きませんでした。

これで全てが良くなると思ったのですが手術の仕方が悪かったようで、爪の脇から別の爪が2つ出てくるようになってしまい、現在もこの状況は続いています。

本当であれば軽い症状のときに巻き爪専門の病院に行っていればと後悔しています。

現在巻き爪の症状で悩んでいる方は、私のようにならないためにも早めに専門の病院に行くことをお勧めします。