パソコンなどの、機械の進化で今は簡単に自宅でも印刷をすることができます。

ワードを使用することで、誰でも活字体で文章を作成することは可能です。そんな機械的なものが、進んでいる今だからこそ筆耕という仕事が再認識されています。

現在でも、やはり手書きの文字は尊重されています。特に、賞状などに使用する書道の毛筆は筆耕ならではの特徴です。

賞状の名前の部分を、1枚書くだけで約100円という単価になっています。他にも、活躍しているのが冠婚葬祭での文字は昔ながらお毛筆を利用しています。

結婚式の宛名書きなどは、毛筆で書くことで温かさを演出しています。

最近は、パソコンがあれば簡単に活字体の文字を作ることはできます。そのために、昔ながらの毛筆での文字を書くことが苦手な人が増えています。

書道をしていると、このような場面に重宝されます。筆耕の仕事は、机に座り毛筆で文字を書くことです。そのために、文字の美しさは問われますが年齢や年代はあまり問われることはありません。

デパートなどでは、進物用ののし紙に名前を書くことが多く仕事をしている人はたくさんいます。昔ながらの伝統である、毛筆を活かすことができるのが筆耕という仕事です。