私たちの結婚式は「アットホームな感じにしたいね」と、親族と親友だけを招待したこじんまりとした式にすることにしました。

結婚式場に依頼した招待状が出来上がり、なかなかの仕上がりに満足した私たち。

さて早速、「結婚式招待状宛名書きをしなければ」と封筒を見つめて、ふと考えました。

私「結婚式招待状の宛名書きってやっぱり毛筆で書くの?」旦那「そりゃぁ筆書きでしょ」

招待客が少ないので、もちろん手書きで送るつもりでおりましたが、「筆かぁ」パソコンの印刷なら、見事な毛筆書体できれいに印字ができて便利なのに。

旦那「年賀状じゃないんだから手で書こうよ。」私「筆ペンでいいよね。」旦那「筆ペンしか使えないでしょ」私「招待状を受け取った人が、汚い字だなとがっかりしたら悪いよね。」旦那「せっかくご出席いただくのだから、感謝の気持ちを込めて、手書きにするのが筋というものでしょ。ヘタでも許してくれるさ。」ということで、拙い筆書きで宛名書きを進めていくことにしたのでした。

書き始めて、また疑問が。

招待客はほとんど親族なので、ご夫婦やご家族で出席していただきく予定ってことは宛名は夫婦連名にするべきだよね。

それぞれのお名前の下に「様」を付けるの?それとももっと正しい書き方がある?

調べてみて、奥様のことを「令夫人」と書くのもありと知りました。

住所の誤字脱字、ましてやお名前の間違いなどもってのほか!真剣に住所録とにらみ合い、なんとか書き終え、2人して「ふぅ~」と深い息を吐いたのでした。